催しもので活躍する設置道具

屋外でお祭りやライブ観戦のような催しものを行う場合、屋台の他にもお祭りで使うやぐらや観覧をする人の為の席作りとして観覧席を用意する必要があります。このような製品を用意する場合、普通のお店には置かれていないものが多いです。なので、催しもので必要になった場合は、専門業者を利用しましょう。

折りたたみベンチやスタンドにありがちな悩み

  • 収納スペースを占有してしまう
  • 重い
  • 耐久強度が弱い
  • 設営が大変

折りたたみ式アルミのベンチやスタンドの良さ

作業員

工具を揃えなくてもよい

折りたたみベンチやスタンドの良さは、工具が無くても組み立てが簡単なことです。大きな製品でも組み立てが簡単なので、女性や年配のような力の弱い方でもしっかりと固定する事ができます。

場所を選ばない

大きなベンチやスタンドは場所がかさばるので、設置する前に置き場所に困ります。しかし、折りたたみ式なので、コンパクトに収納する事が可能です。置き場所を確保できない施設内でもかさばりません。

人数が削減できる

観覧席のようなタイプのスタンドやベンチは大きなものが多く、設置する時間や撤去に時間がかかってしまいます。ですが、アルミ式のものなので女性の方や年配の方でも楽に持ち運ぶ事ができ、少人数で設置ができるため人手があまり要りません。

信頼できる製品なら事故が未然に防げる

イベントで活用されるスタンドや折りたたみベンチなどを専門的に制作している企業であれば、剛性が高く、安全性にもこだわった製品を提供していると思います。またその企業のキャリアはどれぐらい長いのかもしっかり確認しておきたいポイントで、長ければ長いほど信頼されているということです。一般的にこれらのスタンドや折りたたみベンチは学校やライブのイベント、スポーツ大会が開催される会場などで使われていることが多いのですが、少しでも安全性にかけていると大事故になり兼ねないので注意しましょう。

折りたたみベンチの設置時の悩みとアルミ製に変えるメリット

工具

会場整備の強い味方

たくさん人が集まるイベントや展示会をする際、列形成をする人が必要になってきます。そんな時に便利なのが、ベルトパーテーションです。ベルトパーテーションには種類があり、立ち入り禁止の区域を作る場合は、そこが丸型のノーマルタイプが、イベントで大量に必要な場合は、ベルトパーテーション同士を重ねる事ができるスタックタイプのものだと場所片付けの際場所を取らず便利です。